VOICE

中国

China

山東大学(威海)

短期留学

交換留学

留学体験記(1)

2019.12.2

Yuka Miyajima (留学期間:2019/9~2020/7)

あっという間に3ヶ月が経ち、前期の授業も後半戦に差し掛かかりました。私は今学期5つの英語科目と3つの中国語科目を履修しています。専攻でも、第二外国語でもない中国語で生活するのは容易い事ではありませんが、日々新しい事を学びながら生活しています。英語の授業では、英語7割、中国語3割程で授業が進められます。本科生の授業に参加しているので、留学生は私だけしかいない授業もある為、日本人としての意見を求められたり、先生が話す言語を英語と中国語で追いかけたりで、常に頭はフル回転しています。

中国の学校では、新入生は入学すると授業が始まる前に約3週間の軍事訓練が行われます。軍事服を着て朝は7時頃から、夜は22時頃まで集団行動や合唱をしているのを見た時は衝撃でした。これは一人っ子政策でわがままに育った子に、これから始まる寮での共同生活で規律を守れるようにするために行われるそうです。一部屋約6人で生活していると、争いが起こる事も少なくないようです。また、お昼寝文化にも驚かされました。夏期は昼休みが2時間30分もあり、どうしてこんなに長いのかと思っていたら、お昼ご飯を食べ終わると一旦寮に戻り、昼寝をする為に長い昼休みが設けられているそうです。

ここ山東大学は韓国のすぐ近くにあるので、韓国人の留学生が約8割を占めます。大学の事務の人でさえも韓国語を話せる人がほとんどです。授業中は中国語ですが、休み時間になると一斉に韓国語が聞こえ出し、韓国に居るような気分になります。私のクラスは約30人のうち、日本、ウクライナ、ジンバブエからそれぞれ1人、他の生徒は全て韓国からの学生です。授業が終わったらお互いの母国語を中国語を使って教えたり、K-POPの話題で盛り上がったりと、少しずつ韓国語も分かる様になってきました。

これからの留学生活もローカルでゆったりとした威海市で、たくさんの経験が出来ることが楽しみです。

ページTOP

Contact us

Tel:+81-(0)798-45-3523
E-mail

Find us

武庫川⼥⼦⼤学
国際センター
兵庫県⻄宮市池開町6-46
中央キャンパス⽇下記念マルチメディア館1F

Mukogawa Womenʼs University
International Center
6-46 Ikebiraki-cho, Nishinomiya, Hyogo, 663-8558, Japan
Multi Media Building 1st floor, Central Campus

Open Hours :

Weekday 9:00 am ~ 5:00 pm
Saturday 9:00 am ~ 1:05 pm

Connect us

facebook instagram
copyright© International Center of Mukogawa Women's University all rights reserved.