武庫川女子大学

0798-45-3523
E-mail

海外留学体験記

カナダ

Canada

マウント・ロイヤル大学

交換留学

残りの留学生活を無駄なく実のあるものに!

2015.2.28

Erina Baba (留学期間:2014/09~2015/04)

留学生活もいよいよ終盤を迎えました。まだまだ0度以下の気候が続くときけば、冬を潜り抜けきるのはほど遠いのかなと思わされるかもしれませんが、実はカルガリーの春は目と鼻の先です。広大に広がる真っ青な空と心地よい太陽の光が、寒さを全く感じさせません。あまりに気持ちいいので、気分をリフレッシュさせたいときには散歩にでかけるようになりました。見上げなくても目の前に広がる空、360度私を取り巻く、あるいは包みこむこの広いカルガリーの空が私の一番のお気に入りです。さて、後期の学業面ですが、前期に比べると不安感よりもわくわくする気持ちの方が大きいように思います。理由として一つは、前期からの経験で一通りの流れをすでに把握しているという安心感から、もう一つは、自分自身を帰国後のビジョンも描いた上で後期に臨ませることができたためだと思います。あと2か月しかないという事実もまた、日々を精一杯、無駄なく実のあるものにしようというモチベーションにさせてくれるのも一つかもしれません。 残りの生活が少ないということで、学業だけに限らす人との関わりをもつ機会も逃さないように努めています。1月の初頭にはスキーをしに隣のブリティッシュコロンビア州まで羽をのばしました。広大な土地、切り立つ山々とそれを覆い隠す一面の雪、こういったカナダならではの情景を楽しむことができました。実は年明けは波乱万丈な日々が多く、今年の運勢は間違いなく凶ではないのかというほど、いろんな災いがふりかかってきました。その内の1つですが、公園にある丘でそりすべりをしたときに、そりが転覆してしまい顔面をもろに直撃、出血してしまうということがありました。顔半分だけがバイオハザード、もしくは今の流行でいえばウォーキングデッドのゾンビのようなひどいものでした。しかし今となっては良い経験です。毎日怪我はしたくありませんが、こういった風に1日1日がくっきり色濃いものになるよう、精進したいと思います。

ページTOP

武庫川女子大学 国際センター

日下記念 マルチメディア館1階
開室時間
月~金曜日 9:00~17:00 / 土曜日 9:00~13:05
0798-45-3523
E-mail
copyright© International Center of Mukogawa Women's University all rights reserved.