ホストファミリー募集について

日々の生活の中で国際交流をしませんか?

ホストファミリー募集要項
武庫川女子大学のホームステイは協定校からの留学生に「日本の家庭での生活体験」をしてもらうことを目的としています。留学生の滞在形態は寮を基本としていますが、週末や長期休暇を利用して短期間のホームステイプログラムを実施しています。留学生を引き受けていただくご家庭には、家族の一員として留学生を受け入れていただき、日々の生活の中で国際交流をしながら互いの異文化への理解を深めていただきます。
武庫川女子大学関係者に限らず一般の方もご応募していただけます。英語に自信がないという方でも、簡単な英語と身振り手振りでコミュニケーションをとっています。また、初めての方でも安心して留学生を受け入れていただけるよう、事前にオリエンテーションを実施しています。ご家庭での国際交流に関心のある方はぜひ一度ホストファミリーをしてみませんか?

なお、お引き受けいただくにあたっては以下の内容をお願いしています。

・無償でお引き受けいただくこと
・留学生の家庭内生活費をご負担いただくこと
・朝、昼、夕の食事をご用意いただくこと
・一人暮らしでないこと
・個室、または女子学生との相部屋を与えていただけること
・武庫川女子大学まで1時間30分以内の場所にお住まいであること
【注意】ご登録いただいた場合でもマッチングが適わなかった場合は、お引き受けしていただくことができない場合があります。

募集内容

短期留学生

受入期間 6月28日~6月30日(2泊3日)
募集期間 2019年4月8日~4月30日
募集人数 10名程度
対象 本学の学生及び一般の方

交換留学生(不定期)

受入期間 夏季休暇または春季休暇の1週間程度
※受入期間はご相談いただければ適宜考慮いたします。
募集時期 留学生より希望があれば随時
対象 本学の学生及び一般の方
登録から留学生受入れまでの流れ
Step1 登録用紙を提出 所定の登録用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、国際センターまでご提出ください。
  登録用紙
学生 国際センター窓口に提出 Excel
一般の方 締切必着で以下の宛先にご郵送ください。
【宛先】 武庫川女子大学 国際センター
     〒663-8558 兵庫県西宮市池開町6-46
Excel
Step2 留学生とご家庭のマッチング 留学生とご家庭のマッチングを行い、マッチングが成立したご家庭には引き受けていただく留学生のプロフィール情報をお送りします。
Step3 引き受け可否 プロフィール情報をもとに再度ご家庭でご相談いただき、最終的な引き受け可否についてご回答いただきます。
Step4 事前オリエンテーション お引き受けが確定したホストファミリーを対象に事前オリエンテーションを開催します。
Step5 ホームステイ開始
ホストファミリー体験談
英語文化学科 時実さん ホストファミリー経験2回

ホストシスターと一緒に浴衣を着ました

台湾で旅行に連れて行ってもらいました

ホストシスターの家族が去年来てくれました

ホストファミリーに応募した理由

1回目は、海外の人と生活を共にすることで、語学の練習や異文化を学ぶ良い機会になると思い応募しました。外国に友だちがほしかったことも一つの理由です。2回目は、1回目がとても楽しかったので応募しました。

受入れ前の家族の反応は?

家族も海外が好きなので、受け入れに関しては寛容的でした。母は英語があまり話せないので、受け入れ前は不安な面があったようですが、受入れ期間中は、身振り手振りで単語をつなげて会話をしていました。

その後、留学生と付き合いはありますか?

これまで、2人の留学生を受け入れましたが、今でも2人と連絡を取り合い、会うことがあります。このプログラムが終了した後も来日し、家に泊まりにきてくれたり、一緒に旅行へ出かけたりしました。また、ホストシスターのご家族も日本へ遊びに来てくれて、一緒に観光を楽しみました。逆に私がホストシスターのところへ行って家に泊まることもありました。

受入れ中は何をしましたか?

受入れ中は京都や海遊館、USJ、神戸のポートタワーなどの観光に行きました。留学生は平日に授業があり、放課後は宿題や予習で忙しく、時々留学生同士でも外出していたので、私は休日に一緒に遊びに出かけることが多かったです。

困ったことはありましたか?

ホストシスターが熱を出したとき、食べ物や病院に連れて行くべきかなど、文化が違うので普段どうしているのかが分からず、少し戸惑いました。しかし、大学のサポートもあり、安心して対応することができました。

ホストファミリー経験から得たことや学んだこと

最初の1週間は言葉の壁や文化の違いで大変なこともありますが、徐々にお互いの距離が近くなり、交流が続き家族の一員のような存在になります。ホストシスターを受け入れることで、相手の文化を知ることができ、相手の国に行った時も楽しく、本当に受け入れてよかったなと感じます。また、同じようにホストファミリーをしていた家族とも仲良くなれたので良かったです。
ホストファミリー体験談
教育学科 小森さん ホストファミリー経験2回

USJにて

旅先でのワンショット

エリーからのお土産

ホストファミリーに応募した理由

高校の時から興味があったのですが、なかなか条件がそろわず応募できませんでした。しかし今回の応募条件にはあてはまっていたので、是非やってみたいと思い応募しました。

受入れ前の家族の反応は?

初めての試みだったので、家族に言った時は、英語しゃべれないのに大丈夫なの?と不安そうでした。しかし受け入れると決まってからは食事、洗濯のことなど決めるべきことは家族みんなで話し合い前向きに準備をして、留学生の来日を楽しみにしていました。

その後、留学生と付き合いはありますか?

今でも頻繁に連絡をとりあっています。英語の勉強でわからないことがあれば聞いたり、日々の生活についてのたわいのない話でも電話やメールで話します。また逆に日本語のわからないところを教えてあげたりもしています。次はオーストラリアで再会することを計画しています。

受け入れ中は何をしましたか?

ショッピングモール、ユニバ、海遊館、京都、勝尾寺など色々な場所に行きました。どの場所も日本という場を存分に感じられたようでとても楽しんでくれていましたが、それと同じぐらい、たわいもない家での家族との会話(関西弁)も大切にしました。オーストラリアの国やエリーの住んでいる町のこと日本の国の特徴などたくさん話をしました。

困ったことはありましたか?

日本と季節が真反対の国から来るので来日して2,3日は体温調節するのが難しかったようで、少し風邪をひいていました。そのため部屋の冷房機器の調節などは少し大変でした。また、家の鍵を貸していなかったので、エリーの帰宅時間を調節してもらう時などのコミュニケーションが難しかったです。

ホストファミリー経験から得たことや学んだこと

ホストファミリーとして約4週間留学生と日常生活を共にして、私自身彼女から大きな刺激をもらいました。エリーが日本語の宿題を一生懸命やっている姿や必死に日本語で私に話をしてくれる姿などを見て、私も何か1つの目標に向かってもっとがんばらないといけないなということを感じさせてくれました。また武庫川女子大学に入学して3ヵ月ほどしか経っていない中での経験だったのですが、このホストファミリーの経験を通して今後の大学生活での明確な目標を見つけることができました。またホストファミリー受け入れは、家族の理解と協力がなければできないことだったので、家族への感謝の気持ちも改めて感じました。
ホストファミリーの受け入れに少しでも興味を持っている人には、1年生でも是非やってもらいたいなと思います。
よくある質問

受入れる留学生はどこの国の人ですか?

本学の海外協定大学からの留学生で、出身国はアメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス・中国・台湾・韓国・ベトナムなど様々です。

家族に英語を話せる人がいなくても大丈夫ですか?

コミュニケーションをとる意欲と積極性があれば大丈夫です。これまでにも、英語に自信がないという方にも多く引き受けていただいてきましたが、皆さん簡単な英語と身振り手振りでコミュニケーションをとり交流を深めておられます。

家が狭いので、受け入れは難しいのではありませんか?

個室のご用意が難しい場合は、女子学生との相部屋をご用意いただけるのであれば問題ありません。

どのような食事をつくればよいですか?

基本的には朝・昼・夕の食事のご用意をお願いします。ホームステイ期間中は基本的に、週末や長期休暇中であるため、昼食のご用意も必要です。留学生のために洋食を用意したり、特別な食事を作る必要はありません。普段と同じ献立てで結構ですので、いつもより一人分多めにご用意願います。 ただし宗教上の理由やアレルギーなどで食事制限のある場合は、事前にお伝えしますので、出来る範囲でのご対応をお願いいたします。

万一、病気やケガをしたときはどうなるのですか?

留学生は自国で海外旅行傷害保険に加入して来日しています。日本で病気や怪我をした場合は、留学生自身が診察・治療にかかった費用を支払います。帰国後に、加入している保険で診察・治療費用の請求をおこないます。

問題が起きた場合はどこに相談すればよいですか?

国際センターが窓口として応対いたします。夜間・休日などの緊急の場合も専用の連絡先を用意していますので、いつでもご相談いただけます。

ページTOP

武庫川女子大学国際センター

〒663-8558 西宮市池開町6-46 中央キャンパス日下記念マルチメディア館1階
(月~金)9:00~17:00 (土)9:00~13:05
TEL:0798-45-3523 E-mail
facebookinstagram
copyright© International Center of Mukogawa Women's University all rights reserved.